• シュガーデート.tokyo 管理人

50歳で初めてパパ活デートしてみた体験談




「もう50だけど今からパパ活を始めるのは遅いだろうか?」 「同年代の男性のパパ活体験談を知りたい」


パパ活には年齢は関係ありませんが、若い女性とのデートをする際は引け目を感じることもあるでしょう。

本当に楽しめるのか、どんなメリットがあるのかなども知っておきたいところですよね。


そこで今回は50歳でパパ活を始めたKさんに、初めてのデートの体験談を伺いました。


同年代の男性たちも自信を持ってパパ活を始めて欲しいという気持ちで、今回インタビューに応じてくれたそうです。


ぜひこの記事を最後まで読み、デートクラブでの安心で楽しいパパ活を始めてみてください。


50歳で初めてパパ活デートをしてみた体験談

Kさんのプロフィールを簡単に紹介します。


お仕事はとある大手企業の役員、年収は3,000万円ほど。

資産は株式や不動産など、様々なものを持っているそうです。


今回はKさんがデートクラブで初めてデートした時の体験談を話してもらいます!



パパ活を始めたきっかけ

私がパパ活を始めたのは、子供が大学へ進学して独立したことです。


今まで家族のために働いてきましたが、親としての役目が終わったと思ったんですね。

家には妻と二人きり。

妻も同じように感じていたのか、頻繁に友達と旅行へ出かけるようになりました。


私はまだ仕事があるので休みが取れません。

必然的に家で一人の時間が増えます。


そんな時に寂しさを感じ、人と触れ合ったりしたいと感じました。

ニュースで「パパ活」という言葉を聞き、興味を持ったのがきっかけです。


ニュースでは夢を持った女性を応援する足長おじさんのような存在と紹介されていました。

私ももう50ですから、若い世代の役に立ったり人の成長に関われたら良いなと思ったんです。


デートクラブで紹介してもらった女性と顔合わせ

パパ活についていろいろ調べて、私はデートクラブの登録を決めました。


アプリなども良いかと思ったんですが、妻にバレるとまずいので…。


デートクラブは秘密厳守ですし、安心できると思ったんです。


登録してから初めて紹介してもらった女性とのデートをセッティングしてもらい、会うことになりました。


年齢は24歳のOLさんで、見た目はモデルさんみたいに綺麗な子です。

久しぶりにときめきましたし、何を話そうかとソワソワしてしまいました。


顔合わせはホテルのラウンジで。

デートクラブを使っている理由を聞くと、彼女は「奨学金返済のため」と答えました。

私も大学生の子供がいる親ですから、この理由で胸を打たれてしまったんです。

今思えば単純ですが…。


少しでも足しになればと、その場で1万円渡し、その後も一緒に食事を取ることになりました。



彼女の夢を応援する関係に

彼女とは体の関係は持たず、お食事だけを続けています。

彼女はOLのかたわら資格の勉強もしていて、将来的には独立したいという夢も持っていることがわかりました。


幸い私の職種が関連しているので、彼女のために資料を集めたり情報を教えたりしています。


肉体関係はありませんが、夢を追う彼女を応援することでなんだか若返った気分に。

生きがいも取り戻せた感じがして、すごく毎日が楽しくなりました。



まとめ


今回は50歳で初めてパパ活デートをしたKさんの体験談を伺いました。


夢を持った女性を応援しているKさんは、本来のパパ活を楽しんでいらっしゃるように感じます。

お子様も独立された今、若い女性の夢を応援することで生きがいを取り戻されたという言葉はなんだか感動してしまいますよね。


Kさんのように夢を持った女性を応援することで、生きたお金を使い人の役に立っているという満足感を得ることができます。


年齢にかかわらずデートクラブでは恋人、そして応援した女性を見つけることも可能。

ぜひデートクラブを利用して、素敵な女性との出会いを探してみてくださいね!



© 2019 - SugarDating.tokyo All rights reserved.