• シュガーデート.tokyo 管理人

女性が嫌う「ウザいおっさんパパ」10か条


「俺実は会社で嫌われてるっぽい。若い子が〇〇課長と飲みたくね〜って言ってた…」

「パパ活女性はニコニコ話を聞いてくれてるけど、実は気を使ってるだけ…?」


周りに年下の人間が増えてくると、周囲が気を遣ってくれるのが当たり前の環境になってきますよね。

しかし気をつけないと、裏では嫌われているウザいおっさんになっているかも?

パパ活女性はデート中は笑顔でいてくれるかもしれませんが、あなたの言動がストレスになっている可能性もあるんです!


そこで今回はパパ活女性に嫌われるウザいおっさんパパ10か条をご紹介。

ご自分の日々の行動のチェックリストとして使ってみてくださいね。



パパ活女性に嫌われる!?「ウザいおっさんパパ」10か条

ショッキングな内容もあると思いますが、このようなパパはウザいおっさんです!

女性の本音を暴露していきますので、自分のデート中の行動を振り返ってみましょう。


1:酔うと自分の武勇伝を語り始める

お酒の席でついつい自慢や武勇伝を語り始める男性は注意しましょう。

女性はニコニコ聞いていますが、総じて興味はありません。それどころか「過去のことしか話題ないのかよ」とすら思っています。

自慢話は嫌われる原因の1つ。謙虚な姿勢で話をしましょう。


2:LINEで無理に若者言葉を使う

若い女性にあわせて無理に若者言葉を使うのもやめましょう。女性から見れば「無理してるなあ」としか思われず、余計におじさん感が出てしまいます。

話し言葉と同じように、普通にLINEを送るようにしましょう。


3:文章がやたら長文

メール世代の40代以上の男性は、文章が長い傾向にあります。若者はTwitter世代なので、長文は苦手。毎回長いLINEがくるとうんざりし、返信が面倒になってしまいます。

主旨を短くまとめてメールしましょう。


4:何でも上から目線で教えたがる

年下の女性に対して何かとアドバイスしたがるおじさんもウザいです。正直余計なお世話!ということもあります。

何でも教えたがるのではなく、相手から質問されたら答えるくらいが丁度良いですよ。


5:返信が遅くなるとスタンプ連打

女性から返信がないとスタンプ連打をしていませんか?かなりウザい行為なのでやめましょう。

女性にもプライベートや仕事があるので、いつでもあなたとチャットするわけにいかないのです。


6:相手の話に被せて自分の話をする

女性がまだ話しているのに、「それはさ〜」などと話題を奪っていませんか?男性がよくやりがちなのですが、これは女性に嫌われる行為。相手の話を最後まで聞き、リアクションをするようにしましょう。


7:会話の最初がまず否定から

ウザいおっさんパパは、とにかく否定的。他者を批判する癖がついている人が多いです。

女性が何か言ったら「でもさ〜」「いやそれは違うよ」と否定していませんか?人は否定をされると嫌な気持ちになり、会話を続けるのが苦痛になってしまいます。


8:セクハラ・下ネタのオンパレード

体の関係を持ちたいからといってセクハラする、下ネタを言って反応を見るパパも嫌われます。

女性からしたら「小学生みたいだな」と見下してすらいるんです。体の関係を持ちたいなら、あえて下ネタやセクハラは避けて、紳士的に接した方が成功率が上がりますよ。


9:束縛してくる

パパ活は疑似恋愛ということを忘れ、女性のプライベートに干渉しないようにしましょう。「彼氏はいるの?」「俺のことはお金目当てなの?」というのは野暮な質問です。ガチ恋パパは女性にとってストレスの原因ですから、入れ込みすぎない。好きになっても干渉しないのがルールですよ。


10:ケチ

金払いの悪い男性は、そもそもパパとして認められないでしょう。女性に対して対価を払わずに、LINEでの連絡や体の関係を求める男性が増えています。

パパ活は経済的支援と引き換えに女性と過ごす時間を手に入れる行為。そもそもの主旨を理解していないと、パパ活交際自体が難しいでしょう。


まとめ

今回は女性に嫌われるウザいパパ10か条を紹介しました。

少々耳の痛い話もあったかもしれませんが、この10か条は会社などにも共通しています。部下に対して同じようなことをすれば、ウザい上司になるでしょう。40代は自分に自信もつき、次世代に対して教育をしたいと思うようになる年頃です。

しかし接し方や言い方1つで、悪印象を与えることもあります。

今回紹介した10か条を参考にして、年下から慕われる素敵な大人のパパになりましょう!