• シュガーデート.tokyo 管理人

初デートでのお手当の金額はどれくらい渡せばいいの?



「ついにパパ活女子と初デートする際のお手当の金額はどれくらい渡せば良いの?」

「顔合わせのお手当の渡し方でパパ活女子の好感度がアップするって本当?」


初デートのお手当の金額ってどれくらい渡すべきか迷いませんか?

最初から渡しすぎてもよくないし、少なすぎても印象が悪くなってしまいます。


今回は初デートで渡すお手当の金額をパターン別に解説。


初めてのデートクラブで女の子と会う際に参考にしてみてくださいね。


初デートでのお手当の金額はどれくらい渡すべき?


初デートのお手当の金額をどれくらい渡すべきか解説していきます。


  • 顔合わせ

  • 二軒目に移動する場合

  • 交通費


この3パターンについてそれぞれ説明していくので、お手当の金額を考える際の参考にしましょう。


またそれぞれのデート内容によってかかる飲食代なども含めた予算も紹介します。

それでは1つずつ解説していきます。


顔合わせは5,000円〜1万円程度が相場


まず顔合わせのお手当の相場は5,000円〜1万円程度です。

デートクラブの顔合わせでは、大体1万円くらい渡すことが多いでしょう。


アプリでの出会いの場合は5,000円程度が相場のようです。


出会いの場によってもお手当は違いますが、大体5,000円〜1万円と思っておいてください。


顔合わせの平均は1〜2時間程度、このお手当にプラスして喫茶店での飲食代などがかかります。


顔合わせだけで済ませる場合、予算としては2万円用意しておけば十分です。


まずは顔合わせにかかるのは5,000円から1万円程度と覚えておいてくださいね。


二軒目に移動した場合は追加でお手当を払う


顔合わせを済ませたあとに二軒目に移動した場合は、追加でお手当を払いましょう。

基本的にパパ活のデートは、時間拘束やデート内容によって金額が変わります。


お酒を飲みにいく場合は1万円程度追加してあげると喜ばれるでしょう。


万が一ホテルへ行くことになった場合は、大体3万円〜5万円が相場です。

レベルの高い女性と大人の関係を持つ場合は、10万円以上になることもあります。


つまり顔合わせ+お酒を飲みに行く場合は、飲食代を含めて4万円程度用意しておきましょう。

ホテルに直行する場合は、顔合わせとホテル代、そして大人の関係に対してのお手当を含めて10万円程度は必要です。


拘束時間やデートの内容が追加されるごとにお金がかかるので、事前にどんなデートをしたいか考えておくと良いでしょう。


帰りに交通費を追加すると好感度アップ


初デートのお手当は以上ですが、帰りに交通費を追加すると好感度がアップします。


スマートな男性はタクシーを呼んでやり、1万円程度渡して帰らせることもありますよ。


交通費を渡すのが嫌であれば、タクシーを呼んでアプリ決済をしてあげるのも良いですね。


帰宅時に交通費を払うのはマストではありませんが、女性からすると「ここまでしてくれるなんて素敵」と好印象です。


当日ホテルに誘えなくても、印象が良ければ後日体の関係を持てるようになる可能性も高まります。


お手当を渡して終わりではなく、帰宅時まで女性に気を使ってあげると思い通りの関係に進みやすくなりでしょう。


まとめ


初デートでのお手当の金額はどれくらい渡せば良いかについて解説しました。


デートクラブはアプリなどに比べて質の高い美女が多いため、相場はアプリでの出会いより高め。


顔合わせのみであればお手当は1万円程度、二軒目で場所をどうする場合は追加で1万円程度かかります。


最初のデートでしっかり金払いの良いところを見せておけば、印象よく条件交渉も有利に進めることができるでしょう。


初デートが成功すれば、次回以降のデートもスムーズに約束できます。

お気に入りのパパ活女子がいたら、少し奮発してお手当を払ってあげるのもおすすめです!