• シュガーデート.tokyo 管理人

チョコがキライ…バレンタインでチョコをもらってしまった時に取るべき対応とは?



「チョコレートが嫌いだけど伝えられていない…バレンタインに甘いものをもらったらどうしよう」

「一応喜ばないとダメかなあ…どうしたら傷つけずに対応できる?」


バレンタインデーといえばチョコレート。しかし男性は甘いものがあまり好きではない人が多いですよね。

気持ちだけありがたく受け取り、パパ活女性を傷つけないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。


この記事ではチョコが嫌いなパパがバレンタインにスイーツをもらった時の対応を4種類ご紹介。

甘いものが嫌いな方は必見の内容ですよ!


チョコがきらいなパパがバレンタインにチョコをもらった時の対応

パパ活女子にチョコレートをもらった時、どのように対応しますか?

正直に「あまりチョコが好きじゃないから」と断るわけにはいかないですよね。

かといって我慢して食べる必要はありません。

これから紹介する4つの方法を使えば、パパ活女子の気分を害せずにスマートに対応できます。

それでは1つずつ説明していきますよ。


一応喜んだふりはしておく

パパ活女性が自分のためにチョコレートを選んで買ってくれた気持ちはありがたく受け取りましょう。

「ありがとう!おいしそうなチョコだね!」とリアクションは欠かさず、感謝の気持ちを伝えましょう。

パパ活女性もあなたを喜ばせようと一生懸命プレゼントを選んでいるので、リアクションが微妙だとがっかりしてしまうんです。

まずはありがとうと言う言葉、そして嬉しそうなリアクションをとるようにしましょう。


家に持って帰って人にあげる

一番良いのは家に持ち帰って、家族や同僚など身近な人にあげて食べてもらうことです。

せっかくもらったチョコレートをゴミ箱に捨てて、無駄にするのは気が咎めますよね。

家族には「会社の子からもらっちゃって」と伝えれば、さほど怪しまれないはずです。

プレゼントにメッセージカードが入っている可能性があるので、ラッピングや袋は必ずチェックしておくようにしてくださいね。

自分が食べる必要はなく、気持ちだけありがたく受け取って人に食べてもらいましょう。


一緒に食べようと提案する

パパ活女性が甘い物好きの場合は、一緒に食べようと提案しましょう。

あなたは1つだけ無理矢理でも食べて、女性にほとんど食べて貰えば良いのです。

甘いものが好きなパパ活女性は、自分が食べてみたいチョコレートをプレゼントに選んでいることがほとんど。

喜んでチョコレートを食べてくれるでしょう。


苦手だから良かったら〇〇ちゃんが食べてと言う

今後バレンタインにチョコレートをもらったら困ると言う方は、正直に苦手だと伝えましょう。

「本当にありがとう!苦手だから良かったら〇〇ちゃん食べてくれる?」と言えばさほど彼女も傷つきません。

ポイントは気持ちは嬉しいと言う部分を強調すること。

チョコレートが苦手という情報も伝えられるので、来年のプレゼントには甘いもの以外を選んでくれるでしょう。


まとめ

今回はチョコレートが嫌いなパパのために、バレンタインでチョコをもらった時の対処法を紹介しました。

まずは彼女がプレゼントをくれたことに対して喜びを表し、感謝の気持ちを伝えましょう。

目の前で食べる必要はありませんので、家に持ち帰って誰かにあげてしまうのが一番。

食べ物を無駄にせず、気持ちだけありがたく受け取れます。


または彼女と一緒に食べる、本当に苦手な方は「〇〇ちゃん食べて」と提案するのも良いでしょう。

感謝をしっかり伝えれば、パパ活女性も傷つかないので安心してくださいね。


今後も一緒にいるのであれば、機会をうかがってあなたの食の好みを伝えておくことを忘れずに。

甘い物嫌いの方は、この記事の内容を覚えておいてくださいね!

© 2019 - SugarDating.tokyo All rights reserved.