• シュガーデート.tokyo 管理人

もう二度と会いたくない!と女性に言われない為に…!パパ活女性にモテる連絡テクニックとは?



「パパ活女性に送ったLINEが既読無視…もしかして嫌われたのかな?」

「どの程度LINEを送って良いか分からない。若い子ってメールとか嫌いなの?」


お気に入りの女性とデートしていない間は、なるべくLINEやメールで連絡をとりたいですよね。

しかし連絡方法を間違えると、女性から「もう2度と会いたくない」と思われてしまいます。


今回はパパ活女性が嫌う連絡と、嫌われない連絡のコツをご紹介!

失敗例も参考にして、女性と上手にコミュニケーションを取りましょう!



パパ活女性が「2度と会いたくない」と思う連絡とは?

まずはパパ活女性から「ウザい」と思われてしまう、NG連絡について解説します。

パパ活世代の男性がやりがちな失敗を具体的に挙げているので、参考にしてください。

それでは1つずつ紹介します。


とにかく長文

パパ活女性がウザいと感じる連絡は、とにかく長文を送りつけてくること。

最近の若い女性はTwitterなど短文で意図を伝えるのに慣れているため、長い文章は嫌いです。

メール世代の男性達は長文メールを送りがち。実はこれパパ活界隈では「おじさんLINE」と呼ばれるくらい好感度が低いんです。

伝えたいことは簡潔にまとめ、余計な前置きや挨拶は省いて送りましょう。


しつこく連投してくる

返信がない時にスタンプや短文を連投してくるパパもウザがられてしまいます。

女性も仕事や学業など都合があり、常にLINE返信ができるわけではありません。

自己本位な振る舞いをしていると思われて、あなたに会うこと自体が嫌になってくるでしょう。

返信がない時にしつこく連絡すると、確実に嫌われてしまいます。


前回のデートで気になった点をLINEやメールで指摘してくる

パパ活女子に対しての不満をLINEやメールで指摘してくるのも嫌われる連絡の1つ。

直接言えば良いのにあえて帰宅してから文章で送るのは、陰険だと思われてしまいます。

相手に対して指摘したいことがあれば次回のデートで顔を見て話しましょう。

わざわざメールやLINEで伝えると、誤解が生じて嫌われてしまいます。


パパ活女性に嫌われない連絡のコツ

次にパパ活女性に嫌われない連絡のコツを紹介していきます。

女性に不快感を与えず、適切なタイミングを狙えばLINEやメールを通じて絆を深められるでしょう。

1つずつテクニックを紹介します。


返信しやすい時間帯を狙ってメール・LINEを送る

パパ活女性の生活時間帯をなんとなく把握して、返信しやすい時にメールやLINEを送りましょう。

人はタイミングや生活時間が合う人に対して好感度を抱くからです。

例えば会社員なら平日の夜や通勤時間帯が狙い目、土日は友達と遊んでいる可能性が高いので避けるなど。

相手のことを思いやった連絡をすることで、気が合う相手と思ってもらえますよ。


簡潔な言葉を使い無理してスタンプを入れない

メールやLINEの文章は簡潔にまとめて、無理してスタンプや若者言葉を使わないようにしましょう。

長文は嫌われますし、若者ぶった言葉使いやスタンプは”おじさん感”を強めてしまいます。

案外若者はスタンプは使用しないんですよ。

気取らず要件だけ伝えるようにすれば、変に歳の差を感じさせることもありません。


頻度は週に2〜3回がベスト

連絡の頻度は週に2〜3回くらいがベストです。

毎日連絡したい方もいると思いますが、あまりに多いとウザいと思われてしまいます。

ちょっと物足りないくらいにした方が、女性もあなたのことを気にかけてくれるでしょう。

週の始まりにちょっとした雑談を送ったり、デートの誘いを週一程度行うなどして調整してみてください。


まとめ

今回はパパ活女性にモテる連絡のコツを紹介しました。

反面教師としてウザい連絡の例もお伝えしたので、NG連絡はしないようにしてくださいね。

メールやLINEは相手に自分の存在を思い出してもらい、絆を深めるのに効果的です。

ぜひこの記事のテクニックを使い、会っていない間もパパ活女子と仲良くなりましょう!