• シュガーデート.tokyo 管理人

【良パパと呼ばれるために】パパ活女性が喜ぶエスコートの方法・ポイントとは?



「パパ活するなら良いパパって呼ばれたい!でも何をしたら良い?」


「レディーファーストな振る舞いって難しい…ここだけは抑えるべきポイントは?」


パパ活を始めたばかりの方は、女性をどう喜ばせたら良いか、紳士らしくエスコートする方法がわからず戸惑うことも多いですよね。

実は良いパパと呼ばれている男性はエスコートが非常にうまく、そのため女性にモテるんです!

そこで今回は良パパが皆やっているエスコートの方法とポイントをご紹介します。

この記事を読めばパパ活女性を喜ばせ、良パパ以上の神パパになれるでしょう!



良パパは皆やっている!パパ活女性が喜ぶエスコートの方法とポイント

女性を喜ばせるエスコートの基本とポイントを紹介していきます。

この5つのポイントさえ抑えれば、完璧なエスコートができると言っても過言ではありません!

お気に入りの女性をお姫様気分にさせてあげ、女性からの好感度を上げましょう。


女性に”何もさせない”

エスコートの基本は女性に何もさせないことです。

ドアを開けたり椅子を引いたり、もちろんお金も払わせません。

日本の文化には馴染みませんが、パパ活をしている女性たちは紳士的な男性とのリッチなデートを望んでいます。

お姫様願望が強い女性が多いので、レディファーストな振る舞いを覚えておくと喜ばれるんです。


移動はタクシーを使う

パパ活女性たちはデートに基本的に足を美しく見せてくれるヒールを履いてやってきます。

ハイヒールは見た目には美しいですが、歩くのには不向き。

良パパたちは女性の苦労を理解していて、基本的に移動にはタクシーを使い、女性をたたせたり歩かせたりしません。

タクシーを拾って「じゃあお店まで移動しよう」と声をかけてくれる男性は、良パパと呼ばれるでしょう。


靴を脱ぐお座敷は予約しない

ストッキングとハイヒールの組み合わせは案外蒸れるもの、女性は足の匂いなどを気にします。

そのため靴を脱いで座るお座敷のお店は実は喜ばれないんです。

実際に足が臭うかどうかは別として、少しでも粗相があってはと思う女性の気持ちを理解しましょう。

和食に誘う時はカウンターを選び、女性が靴を脱ぐ必要がないよう配慮してあげてください。


何でもない日にプレゼントをくれる

誕生日やクリスマスなどの特別な日以外にも、ちょっとしたギフトを送ると好感度が上がります。

「さっき通りかかったお店にあって、似合うと思ったから」こんな台詞を付け加えられると完璧ですね。

女性はデート中でない時も自分のことを考えてくれる男性に好意を抱き、自分も精一杯デートの時間を楽しめるものにしようと努力してくれるでしょう。

良いパパたちは誕生日やクリスマス以外にも、パパ活女性たちにプレゼントを贈っているんです。


話を遮らないで聞く

女性の話はオチがなく冗長なことが多いですが、良パパはマナーとして彼女たちの話を最後までニコニコして聞いてやります。

自分が喋っている最中に遮られて意見を言われると嫌な気持ちがするものです。

特に女性は会話に意義を求めず、コミュニケーションの手段の1つとして利用するので、会話がスムーズに行く相手ほど好きになります。

パパ活女性から好かれるためにも、彼女の話を黙って聞いてあげる聞き上手な男性を演じると良いでしょう。


まとめ

今回は良パパと呼ばれる男性が実践しているエスコートの方法やポイントを紹介しました。

彼らは女性に何もさせずに、日本の文化にはないレディファーストを実践しています。

具体的にはタクシーで移動させてあげたり、椅子を引いたりドアを開ける仕草を自然に行うということです。

また何もない日にギフトを送ったり、予約するお店の座席にまで気遣いをするのが紳士の振る舞い。

最初は意識をする必要がありますが、自然に身につけば女性から「神パパ」と呼ばれるほど好感度の高いパパになれますよ!